sukerokuのアーリーリタイア(を目指す)記録

アーリーリタイアをする資産は何とかあるが、色々なしがらみや心理的なハードルから思いきれないでいる半端モノの記録

子供の自慢は見苦しい

 

子供の成果などを自慢することは見苦しいという感覚はあまり共有されていないのかもしれない。

 

この季節、立て続けに自分の子供が〇〇中学、高校、大学に合格したというLINEが送られてきた。

 

聞かれたら答えるのはいいと思うが(それで隠したらもっと嫌味)、聞かれてないのに伝える必要があるのか?

 

まかさうちの親もそんなことをしていないだろうか?

 

自分の自慢でも嫌だが、その方がまだ許せるか。

 

それが子供の自慢になるとなぜ一層悪趣味になるのか?

 

それもまだストレートな自慢ならまだましだが、巧妙な自慢(一瞬自慢に聞こえない自慢)はさらに悪趣味だ。

 

むかしとある会合で「息子が何もつかない東京の大学に合格しまして」というおっさんがいたが、一瞬「??」となったが、あ、「東京大学ね」とすぐわかった。

 

言いたいなら「東大に合格した」とストレートに言えば良い。それはそれで悪趣味だが、まだ変にわざわざ数秒間だけ煙にまくよりまし。

 

なぜ子供の自慢は悪趣味なのか?

 

それは子供は自分のものというか自分の手柄だと考えているからだ。

 

自慢というのは基本的に自分の事や自分の持ち物にだけ当てはまる。

 

例えば私が「ビルゲイツは5兆円持っている」といっても自慢になっていない。

 

それは「自」分のことでないと成立しないのだ。

 

子供は自分のものなのか?子供の成績は自分の成果なのか?

 

それは大いに疑問である。

 

子供の事を自慢する親は子供は自分のモノであり、その成果は自分の成果と勘違いしている。だから子供の自慢は悪趣味なのだ。

 

子供は親とは別個の人格である。また子供の成果は多くの場合は持って生まれたものに大きく依存すると思う。親による介入による成果だと考えるのは傲慢である。

 

これは僕自身の経験からである。どのように生まれたか、どういう特徴を持って生まれたかというところが子供の成果と大いに関係する。

 

勉強ができる子はやはりもともとそのような性質を持って生まれている。

 

音楽ができる子、スポーツができる子、それぞれやはり持って生まれた才能というのが大いに関係している。

 

親の影響など持って生まれた能力に比べれば大したことはないだろう。

 

自慢というのは必然的に自分のモノ、コトに限定されるのであるから、何かを自慢するということはそれが自分のモノ・コトであると言っていることになる。

 

そこに大いに趣味の悪さというか、自分中心的な発想を感じる。

 

親の自慢をするのも同じ。親離れできていない証拠で気持ちが悪い。

 

と言いながら自分も巧妙に自分の自慢は子供の自慢をしているかもしれないが・・・。

 

やはり自慢には誘惑はある。

 

その誘惑に打ち勝って何も自慢しない、自分自身に満ち足りた、人と比較しなくても幸せな日々を送れる人物になりたいものだ。

 

子供の自慢は見苦しい

 

子供の成果などを自慢することは見苦しいという感覚はあまり共有されていないのかもしれない。

 

この季節、立て続けに自分の子供が〇〇中学、高校、大学に合格したというLINEが送られてきた。

 

聞かれたら答えるのはいいと思うが(それで隠したらもっと嫌味)、聞かれてないのに伝える必要があるのか?

 

まかさうちの親もそんなことをしていないだろうか?

 

自分の自慢でも嫌だが、その方がまだ許せるか。

 

それが子供の自慢になるとなぜ一層悪趣味になるのか?

 

それもまだストレートな自慢ならまだましだが、巧妙な自慢(一瞬自慢に聞こえない自慢)はさらに悪趣味だ。

 

むかしとある会合で「息子が何もつかない東京の大学に合格しまして」というおっさんがいたが、一瞬「??」となったが、あ、「東京大学ね」とすぐわかった。

 

言いたいなら「東大に合格した」とストレートに言えば良い。それはそれで悪趣味だが、まだ変にわざわざ数秒間だけ煙にまくよりまし。

 

なぜ子供の自慢は悪趣味なのか?

 

それは子供は自分のものというか自分の手柄だと考えているからだ。

 

自慢というのは基本的に自分の事や自分の持ち物にだけ当てはまる。

 

例えば私が「ビルゲイツは5兆円持っている」といっても自慢になっていない。

 

それは「自」分のことでないと成立しないのだ。

 

子供は自分のものなのか?子供の成績は自分の成果なのか?

 

それは大いに疑問である。

 

子供の事を自慢する親は子供は自分のモノであり、その成果は自分の成果と勘違いしている。だから子供の自慢は悪趣味なのだ。

 

子供は親とは別個の人格である。また子供の成果は多くの場合は持って生まれたものに大きく依存すると思う。親による介入による成果だと考えるのは傲慢である。

 

これは僕自身の経験からである。どのように生まれたか、どういう特徴を持って生まれたかというところが子供の成果と大いに関係する。

 

勉強ができる子はやはりもともとそのような性質を持って生まれている。

 

音楽ができる子、スポーツができる子、それぞれやはり持って生まれた才能というのが大いに関係している。

 

親の影響など持って生まれた能力に比べれば大したことはないだろう。

 

自慢というのは必然的に自分のモノ、コトに限定されるのであるから、何かを自慢するということはそれが自分のモノ・コトであると言っていることになる。

 

そこに大いに趣味の悪さというか、自分中心的な発想を感じる。

 

親の自慢をするのも同じ。親離れできていない証拠で気持ちが悪い。

 

と言いながら自分も巧妙に自分の自慢は子供の自慢をしているかもしれないが・・・。

 

やはり自慢には誘惑はある。

 

その誘惑に打ち勝って何も自慢しない、自分自身に満ち足りた、人と比較しなくても幸せな日々を送れる人物になりたいものだ。

 

株価乱高下を前に思うこと

 

日経平均が乱高下している。

 

自分のポートフォリオ新興市場中心なので同じ動きではないが、乱高下している。

 

結果的には悪くないのだけれどもっと下がる可能性もある。

 

しかし現物をやっているので精神的な負担はなくそういう意味では楽だな。

 

先物をやっていた時は証拠金の問題があったので精神的に不安があった。

 

現物で余裕資金で5年くらいの時間軸で考えているとあまり気にならない。

 

あえて言うと急落したときにもっと買いたいと思うだけ。

 

今はすでにかなりの額を投資しているため余裕資金が少なくそれが残念かな。

 

急落したときに買えなくて残念と考えるのは投資マインドとしては健康だと思う。

 

また急騰したときにもっと買っておけばよかったと残念に思うのも健康だと思う。

 

急落して損が拡大することで頭を抱えるようだと健全ではない。

 

そういう危ない投資をしているといつか足元をすくわれる。

 

今のこのスタイルでどれだけ資産が増やせるだろうか?

 

できれば株だけで2億円くらいのキャピタルゲインをこの先2年間くらいで作りたいが、、、。

 

株をやっていて思うのは、儲かったということも嬉しいが、それ以上に自分の読みが当たったということが一番うれしい

 

これはスポーツでも同じでゴルフをしていて自分のイメージ通りの球が打てた時、釣りをしていて思った通りの方法で思った場所に魚がいたりするときにとても嬉しい。

 

何に嬉しかを感じるかというのは人によってかなり異なると思うが、僕は自分の読みが当たった(=つまり自分の賢かった)ということにとても大きな満足が得られる。

 

人によっては誰か好きな他の人と一緒にいる時に嬉しさを感じるというのもあるだろう。

 

僕はよくよく考えてみると、自分が賢かったということを示せた時にとても嬉しいと思う性格だなぁとつくづく思う

 

逆い言うと、自分がバカだと思うミスをしたときにとても落ち込む。

 

こういう個人の特性というのは持って生まれたものが大きいのだろう。

 

それが嫌でもどうしてもそのように考えてしまう。

 

であればそれに抗うことなく認めてしまって、その個性を伸ばした方がいい。

 

 

 

平日に2日連続ゴルフ

 

昨日と今日の2日連続でゴルフ

 

メンバーコースを2カ所回る

 

スコアはメタメタ(2日とも)

 

やっぱりゴルフはもっと緊張感を持ってやらないとダメだな。

 

最近は平均して週に2回ほど行っているが、週1回程度の方がいいかもしれない。

 

2回だと緊張感がなくなっていい加減なラウンドになる。

 

問題はゴルフを週1回にすると他の日はどうするのかということ。

 

釣り、キャンプ、山登りで他の日を埋めるのは結構しんどい。

 

今は(一応)仕事をしているので、仕事を完全リタイアか、週2日程度のセミリタイアにするとやはり屋内で打ち込むべき趣味をもっと磨かないとダメだなぁ。

 

投資も趣味の一つなのだが自分のスタイルはデイトレードではなく中長期なので日々の株の動きに一喜一憂しているのは合わない。むしろ日々の株価の変動を見ない方が余計な短期の動きに惑わされずに済む。

 

将棋、囲碁、麻雀などもいいのだが、それだと本当におじいさん。しかも相手も必要なので。

 

1人で気軽にできることと言えば読書とか。

 

読書でも目的意識がないとね。

 

ここ最近は大学院の授業用に資料作りをしていてそれが大変だけども充実していた。

 

セミリタイアにはやはり大学教員というのがいいかなとあらためて思い始めている。

 

 

ビットコイン急落?

 

ビットコイン急落(600万円超から500万円切れまで)との話題で仮想通貨業界は持ち切りだが、500万円を超えたのだった2月に入ってだからね。

 

これを「急落」というのはおかしな話。

 

そもそもイーロンマスクが購入というニュースで600万円までほぼ1日で上がったものなので、1日で500万円まで下げても全然おかしくない。

 

個人的には200万円だって十分に満足できるレベル。

 

含み益は一応見ているがあまり気にしないで最悪投資額を取り戻せればよいという考え。

 

そもそも税金が高すぎるので、下がってもあまり気にならない(上がってもそうだが)。

 

それにしてもビットコインは実需や配当狙いというものがないので、完全に需給だけで動くね。

 

そもそもの取引量が少ないので、ちょっとした売りで大きく下げるのは仕方のないこと。

 

もっと参加者が増えないと安定しない。

 

今は一部の大口投資家が大量に持っている状態なので。

 

とは言えマクロでみれば供給量が制限されている中で、潜在的需要が大きいのでまだ暫くは上昇するかな?

 

コロナ明けに株式市場が調整し始めると歩調を合わせて調整するだろうね。

 

それまでに一旦手仕舞いして、大きく調整したタイミングで再度トライするのがよさそうだ。

 

 

 

最近のポートフォリオ状況 1週間で含み益1000万円以上減少

 

この1週間、新興市場株が調整に入る中、私のポートフォリオも1週間で1千万円以上含み益が減少。

 

決算発表の内容は悪くなかったのだが、短期投資家はこういうタイミングでも売ってくるから、逆に良いチャンス。

 

僕は5年以内に2倍以上になればよいという姿勢で投資をしているので、こういう短期の調整でろうばい売りが出てくれるとむしろ助かるくらい。

 

ただし今はある程度現金を使ってしまっているので、追加で投資するにはさらに現金を投入するか、または仮想通貨を売るかして現金を作り出す必要がある。

 

長期投資をしているなら毎日株価をチェックするのも間違い。

 

1週間に1回程度チェックする、そのくらいの余裕のスタンスで十分。

 

現物をやっているので別に追証がかかるわけでもなく、ドンと大きく構えていれば十分。

 

仮想通貨も引き続き上昇しており、ついつい気づいたら価格をチェックしている。

 

よくないな~と思いつつやってしまうので、もう少し落ち着いた投資をしたいものだ。

 

今週末は天気が良かったので、金曜日と日曜日にゴルフへ。

 

釣りも行きたいのだが、風が強いので断念。

 

会社は別にしてプライベートは平和で楽しい日々であった。

 

 

亀戸 升本の弁当

 

銀座のスタバで朝から作業して、三越の地下で升本の弁当を購入。

 

升本の香取

f:id:sukerokuchan:20210217200913p:plain

 

升本の弁当が大のお気に入り。

 

たまにデパートに行ってタイミングがよければ必ず購入。

 

これで1188円はお得かな。

 

色々と入っている幕の内弁当みたいだけど安直な揚げ物はなくすべて丁寧に作っている感じ。

 

駅弁なんかと比べ物にならないくらい美味しい。

 

亀戸のお店には行ったことはないけど一度行ってみたい。

 

銀座のスタバで朝から作業をして、帰りにデパ地下で升本の弁当と何か甘いものを買って帰るのは最高の贅沢だ(気持ち的に)。