sukerokuのアーリーリタイア(を目指す)記録

アーリーリタイアをする資産は一応あるが、色々なしがらみや心理的なハードルから思いきれないでいる半端モノの記録

米国で増す「アンチワーク」 日経新聞記事より

 

フォードさんは余暇を優先するため従来の仕事をできるだけしない、あるいは完全に辞め自営業に転じるよう奨励する「アンチワーク(働かない)」運動の草分け的存在だ。彼女が管理者の立場である、米インターネット掲示板「レディット」にあるコミュニティー(サブレディット)の参加者は、20年10月の18万人規模から22年1月には160万人に膨れ上がった。

 

アンチワークの動きは、中国で増えているという、消費や労働の意欲が乏しい「寝そべり族」の若者との類似性も指摘される。歴史学者で米アイオワ大学教授のベンジャミン・ハニカット氏は「最富裕層の言いなりになり、彼らの利益に資する生き方とは別の選択肢があるのではないか、と私たちは考えているのかもしれない」と語る。

 

労働が尊いと教え込むことに寄って支配者(経営者)は得をする。しかしその下で働いている社員は上手く利用されているだけ。

 

たしかにそういう面もあるだろうな。

 

少子化で労働力が希少になると今の経営側が有利の状況から恒常的に労働側が有利な状況になるかもしれない。それともどんどんと自動化が進んで人がいらなくなるので経営側がますます有利になるかもしれない。

 

総論として語ることは難しいが、希少なスキルを持っている人は雇われ人としてもやはり有利に交渉ができるし、そうでない人はたとえ労働力が不足している状況でも不利な条件で契約せざるを得ないだろう。

 

しかし希少なスキルを持つにはその見極めは結構難しい。

 

一つのスキルだけで希少性を生むのは難しいが2つないし3つのスキルの掛け算で希少性を生むことの方が簡単だと思う。たとえばプログラマーであり、弁護士であるとか。弁護士はさすがに大変だとしても、司法書士やまたは会計士、税理士なら可能性はあるだろう。

 

勉強ができないなら料理人であると同時に何かスポーツに取り組んでいるとか。

 

掛け算の良いところは一つのスキルが一流でなくてもよいということ。もちろん3流ではどうしようもないが、1.5流、2流でも2つ、3つのスキルが重なれば掛け算でそれなりの価値を生む。

 

僕自身は若い頃はそのように考えて一つのスキルに留まらず複数の2流ないし1.5流のスキルの開発に取り組んできた。それが結果的に良かったと思う。

 

幸いにリタイアするに足りるだけの資産を築いたので40歳以降はそういう事はあまり意識せずに好きなことをやっているが、もしそういう資産状況ではなく働き続けないといけない状況であったなら、今でも複数のスキルを磨いていることだろう。

 

元のテーマに戻ると、「労働は美徳」という考えが染みついてきた考えを、今は断ち切ることに一所懸命だ。

 

働かなくてもいいなら別に働く必要はない。働くことが良いことという固定観念を捨てればまた違う世界が見えるだろう。

 

 

スキーとゴルフの組み合わせを始めてやってみる。結構いいかも。遊びすぎ。

f:id:sukerokuchan:20220114145607j:image

 

今週は平日にスキーに行って、そのまま車中泊で翌日にゴルフ。

 

スキーは昨シーズンはやらなかったので2年振り。自分のギアを購入したのでレンタルの手間もなくスキーが随分と身近になった。しかも今シーズンはスタッドレスを履いてたので、その点でも楽々。

 

スキーはゴルフと同じで管理された自然の中で行われるので非常に楽。雪山登山に比べると圧倒的に安心感がある。その分達成感も少ないのだが、天気が良くて景色が良ければ楽しめる(これもゴルフと同じ)。

 

ただしゴルフと違ってスコアを楽しむという要素がないのが残念。人や自分と競争することが好きな自分にとっては少し物足りないか。それでも雪の中を滑るのはそれだけで気分爽快だった。

 

平日にしかも辺鄙な所に行ったので殆ど誰もいなかった(笑)。ゲレンデといってもリフトが一機しか動いておらず、ゲレンデにはmaxでも5人くらい、ひどい時は自分だけという状態だった。

 

とりあえず今回は久しぶりのスキー&自分のギアの試し履きなので、そのくらいで良しとしよう。

 

それにしてもスキー場は全体的に遠い。ゴルフに比べると距離が倍以上である。それがしんどいかなぁ。

 

群馬から南下して埼玉へ。道の駅で車中泊。この寒さだとさすがに車中泊をしている車はゼロ。ちょっと寂しかったし、怖かったけど、疲れていたのでぐっすりと眠った。

 

翌朝は道の駅から10分弱のゴルフ場へ。さすがに埼玉といっても北部なので寒い。

 

ゴルフ場に着いた時はまだマイナス。練習もする気にならないので、いきなり本番。当然にグリーンは凍っているし、グリーン周りも凍っている。

 

そんなコンディションでも何とか82(40+42)でまとめて帰路に着く。

 

スキーに比べるとゴルフはもっと楽。お風呂もあるし、スッキリして温まってから帰宅することができる。

 

知り合いにスキー+ゴルフの話をしたら遊びすぎだと言われたが、確かにそうだな。

 

しかしそれだけ遊べるというのはそれはそれで幸せなことだ。

 

 

新興市場のマイナスがとまらないなぁ。こういう時こそ強い気持ちで買い向かう。

 

マザーズの悪化が止まるところを知らない。

 

我が含み益もすでに風前の灯火・・・・。

 

こういう業績に関係なく売られるトレンドというのは逆に言うとチャンスなので、業績から割安の銘柄を中心に積み増しを実行中。

 

正直言うとこういう時は怖いんだよなぁ。

 

だけど冷静に考えると割安で、現物なので信用と違って破綻することはない。

 

じっと待っていればほぼ間違いなくプラスになると思う。

 

そういえば2020年の3月頃はもっと怖かった記憶がある。

 

その状況で明らかに割安だった外国債券(CoCo債)を大量購入して大きな利益を得た。

 

株については3月に一部売却したがそれらの銘柄はそのあと持ち直したので後悔した。

 

株に再投入したのは2020年の5月過ぎくらいかな。その時に参入しても遅くはなかったけど、皆が恐怖で売っている時期が一番良いタイミングであった。

 

今はまだそこまで下落していないので、もっと大きな下落が来るかもしれない。

 

その時のためにもう少し現金化しておくか、現金をセーブしておくべきか、と考えなくもないが、そこまでの下落が起きるかは分からないので、上がったら徐々に買い下がる方式で積み上げ中。

 

いよいよ来週は含み損の領域に入るかもしれないぁ。

 

しかし2月に決算発表があるので、業績の良い会社は1月末くらいから上向くかな。

 

新興市場を信用取引する人が多いとどうも市場が荒れる

 

信用取引自体は否定するつもりはないのだが(マザーズのような流動性の低い市場に流動性を提供してくれているので)、それでもここ最近の動きを見ていると完全に信用買い連中の投げによる下げですね。

 

それによってボラティリティが上がるのは正直言うと勘弁してもらいたいのだが、、、、。

 

もっと穏やかに相場と付き合いたい。

 

それなら低ボラティリティの銘柄を買えということになろうだろうが。

 

逆に言えばボラが高いので、オーバーシュートする時に売却チャンスや購入チャンスができるということでもある。

 

今のようにズルズルと下がってどこまで下がるか分からない時にこそ、価値を信じて買い向かわないといけないな。

 

と思って少し購入しているのだが、チキンなので、数百万円程度しか購入できていない。

 

ここでドカンと5千万円から1億円くらい購入したいのだが、すでにほぼfully investedの状態なので困ったなぁ。

 

もう少し購入するのを我慢すればよかったと後悔。

 

とは言え中長期で考えれば誤差の範囲だろう。

 

最近は相場の集計は毎日行わないで、週に1回にしている。

 

こうすることで短期の動きに左右されず、中長期視点で見ることができるだろう。

 

週に1回と言わず月に1回程度でもいいけどね。

 

オミクロンネタであふれるメディア、そして洗脳されるバカな大衆

それにしても連日オミクロンフィーバーでメディアの連中は楽しそう。

 

コロナが怖いというけど、周りにコロナ患者がいるかと聞かれれば、殆ど聞いたことがないという。

 

このくらいの死者数(2年で2万人)でかつ死者の平均年齢が80オーバーとなると、周囲にコロナで死んだという人や重症化して人を知っている方が珍しい。

 

老人ホームなどいれば周りにそのような人はいるのだろうけど、老人ホームではコロナに限らず死人が出るのは日常茶飯事。

 

一方でワクチンの被害者は結構身近なところにいる。

 

一般大衆というのはバカだからマクロの数字を見て判断するのは無理だとしても、自分の生活圏の直観も失っているということにびっくり。

 

僕はマクロに数字をみても、ミクロの生活実感としても、コロナが別に恐れることがないというのが明白だし、むしろその程度の病気に謎のワクチンを打つ方が怖いと思っている。

 

マクロでもミクロでもどちらの状況をみてもそのような結果になる。

 

しかしワクチン接種率が80%を超える(対象年齢に絞ればもっと上がるが)日本人は、そういう当たり前のことが見えない程に洗脳されてしまっている。

 

本当に恐ろしいというか、日本人がこれほどバカだったとは。

 

周りでもまともな人と思っていたような人がコロナを必要以上の怖がり、ワクチンを信頼している姿をみて愕然とするね。

 

ある程度論理的な思考ができる人でも洗脳されてしまうとダメなんだろうな。まぁ洗脳されている時点でバカだけど。

 

高学歴者がオーム真理教に多かったのと同じかな。学歴とは関係ないか。

 

コロナが怖いといってワクチンを積極的に打っている人って数字で客観的に説明できないんだよね。その時点でアウトだ。数字があるのに見ないということは洗脳されているということ。

 

悪徳壺売りに騙されるのと同じ構造だね。

2021年のゴルフの回数 125回!

 

コロナになってゴルフの回数が増えた。

 

数えてみると125回もいっていた。

 

1回平均1万円と考えると(ガソリン代、高速代なども含めて)、125万円ということになる。

 

それでうまくなったのかと言われると、、、。

 

むしろ平均スコアは悪化しているし・・・。なんのこっちゃ。

 

2021年 ラウンド回数116回 平均スコア88 (一部スコア入力忘れ)

2020年 ラウンド回数 68回 平均スコア87

2019年 ラウンド回数 51回 平均スコア89

2018年 ラウンド回数 57回 平均スコア89

 

それなのにハンデキャップは減っている。

 

もっとスコアを意識して行きたいなぁ。さすがに平均88だとシングルには程遠い。

 

レッスンやギア、消耗品なども含めて考えると年間150万円くらい使っていると思うので、もっと頑張らないとね。

 

とは言えゴルフは楽しいし、良い気分転換になるし、何でも1人でやることが好きな自分としては珍しく社交的な趣味だし、スコアは別にしてとても良い趣味なので頑張りつつも楽しみたい。

 

 

 

中途半端に仕事をするのは逆にしんどい。自分は半端ものだなぁと痛感。

 

なんかこう中途半端に仕事が入ってきたりして面倒だ。

 

はやく完全リタイアしたいなぁ。

 

金銭的には問題ないのだが、まだ色々としがらみや責任を回避できていない。

 

加えて自分の中にある「この年齢で完全リタイアしていいの?」という疑問との闘いがある。

 

仕事と言っても通常は定例会議にオンラインで出ること(合計すると1週間で5時間くらい)と年に2回程度の大学院での講義くらいなのだが、そこに別の不定期に仕事が振ってきたりする。

 

これが非常にやっかい。別に難しいというものではないのだが、単に面倒。やる気がないのに自分に鞭を打ってやるというのは非常に疲れるものである。

 

加えて定例会議も面倒。その時間に必ずオンラインに繋がらないといけないという制約がうっとおしい。内容は大したことはないのだけれど、そういう時間的な制約が本当に嫌だな。

 

早く完全リタイアしたいのだが、一方でやはり自分の中には常識的な考えがいて、「この年齢で完全リタイアとは恥ずかしい」という気持ちがある。

 

よくよく考えるとこれはおかしな話で、この年齢でリタイアできるなんて成功者の証ではないだろうか?

 

なぜそれを恥じる必要がある?論理的に考えるとその通り。あとは感情がついていくかどうか。

 

「完全リタイア=何も情熱の対象がない人」と周りから見られることを恐れているのだろうか?

 

であれば旅行、ゴルフ、山登り、雪山、釣り、読書など情熱の対象は多数あるから心配はない。

 

単に周りの目を意識しているというのもあるのだが、それ以上に自分自身の中に本当にこれでいいのかという葛藤がある。後者の方が大きいかな。

 

いくら論理的に冷静に考えるのが得意とは言え、こういう常識的な感情を払拭するのは結構大変だ。

 

僕が現在70歳、少なくとも60歳であれば完全リタイアすることに躊躇はないだろう。もう年だし世間の目も厳しくないし、何より自分の目が厳しくない。

 

しかし50歳を前にしてという感情はなかなか払拭できないなぁ。

 

これまで色々な常識と戦ってきたし、むしろ常識的なことを嫌って普通の人と同じではないことを多少なりともやってきた自負はある。

 

しかしそれらはどちらかというと普通の人の価値観でいうと普通の人のライフスタイル(普通に会社に入って勤めて、家族を持って、住宅ローンを抱えて、色々と会社・家族の愚痴を言いながらウダウダする)の上を行くものであった。

 

が、完全リタイアというのはもちろんある程度成功したからできるのであるが、ライフスタイルとしては普通の人の上を行くというよりは、全然別の種類のものである。

 

明らかに「上」であれば何の躊躇もなくできるのだが、、、、。

 

この年になって、この環境においてもまだそういうしょうもないことを考えている自分が情けないという気がするが、偽らざる気持ちである。

 

それにしても中途半端に時間拘束をされ、中途半端にやる気が必要な仕事は本当に面倒だな。

 

今年か来年にはスパッと仕事を断ち切って、一度何もない位置から再スタートを切りたいものだ。